手足のしびれ

レントゲンでは異常なし。でもシビレが取れなくてお困りのあなたへ
手足のシビレを良くする根本整体!

 

札幌市清田区・北広島市のみなさま、こんにちは! 整体院、優整体センターです。
 

どのような方が対象なの?

「手足にシビレが出るようになった!」こんなことが起きたら、慌てふためいてしまうかもしれません。
 
実際にシビレが起こったお客様は、かなり慌ててしまった経験があるそうです。
 
症状としては、このようなものが多いです。
 

  • 腕や手にしびれや痛みがある
  • 左右の手の感覚になにか違和感がある
  • 洋服のボタンがかけにくい
  • 字も書きにくい気がする
  • タイピング時にもシビレるかも?
  • 足に力が入りにくいかも

 
などなどです。
 

当院の施術を受けたらどうなるの?

では、当院の施術を受けると…
 

  • もう腕や手にしびれはなくなった!
  • 手の感覚が元に戻った!
  • 洋服のボタンもスムーズにかけられる
  • 字もスムーズに書くことができる
  • タイピングもスムーズだ!
  • 足も力強く歩ける

 
このようになります。ワクワクしますね。
 
「手足にしびれが出て、不安・・・」そう思っている方は、まずはこの先をお読みください。知らない・わからないということは、不安を産みます。
 
まずは、手足のしびれはどのように処置していければいいのか、お話させていただきます。
大丈夫、怖がることはありません!
 

優整体センターの手足のシビレ施術

それでは当院では、どのような手足のシビレ施術を行うかというと、次の流れで行っていきます。
 
手のシビレ施術方法

1.頭部の静電気の除電が基本なので、頭部に異常がなければ、首、肩の施術を行います。
2.手のしびれは、静電気の解放口である手に静電気が詰まったため起こるものです。なので、指先を指もみしながら手全体と手のくるぶしを丁寧に施術します。

 
足のシビレ施術方法

1.頭部の静電気の除電が基本なので、頭部に異常がなければ、脊髄、腰、太腿、脹脛の施術を行います。
2.足のしびれは、静電気の解放口である足に静電気が詰まったため起こるものです。なので、指先を指もみしながら足全体と足のくるぶしを丁寧に施術します。

というものです。
 
この4ステップの施術となります。施術時間は、だいたい30~50分です。
 

他の治療院と変わらないのでは?

優整体セラピー同じマッサージに見えても、静電気を取り除くかどうかで、結果が全く違うのです。
 
これまで、「マッサージを受けたけども手足のシビレが良くならなかった・すぐに戻ってしまった」という経験がある人は、非常に多いと思います。
 
それは、体内静電気を取り除かない、ただのマッサージだったからです。ただ揉む・叩く・押す、そのような施術だったと思います。
 
それに対して当院では、体内静電気を取り除くために、施術をするのです。
 
つまり静電気を取り除かないと、満足した結果が得られないのです。本当にそのシビレから解放されないのです。手足のシビレでお悩みなら、ぜひ一度当院の施術をお試し頂きたいのですが…もしかしたら、あなた様には合わないかもしれません。
 
というのも、当院は部分整体ではありません。「●●だけやって欲しい」というご希望には添えません。そして、たった1回の施術だけで完全に静電気を取り除く自信は、私は持っていません!
 
それでも多くのお客様が、当院に駆け込み寺のようにいらっしゃいます。
 
その訳は、下記に記載していますので、引き続きお読みください。
 

手足だけ施術をしてもしょうがない!

さて手足のシビレには、重要な点があります。それは「手足だけ施術をしても意味がない、すぐに元に戻ってしまうことがある」ことです。
 
手足の元は、脳からつながっている微弱電流の流れです。東洋医学的には脊髄神経の流れとも言いますが、脳から頸神経、胸神経、腰神経、仙骨神経、尾骨神経のラインに沿って微弱電流は流れます。この微弱電流によって、脳からの指令で瞬時に肩が回せたり、脚を動かすことができます。
 
 
体内静電気が溜まりやすいところは?
 
特徴「摩擦あるところは、必ず静電気は生じる」という法則により、その神経のライン上には、微弱電療が流れています。なので、常に静電気が生じています。
 
これは、テレビのコードをコンセントにさした状態と同じです。スイッチを入れなくても電場は発生し、スイッチを入れると電場も磁場も発生します。そして、ブラウン管には静電気が発生し、ゴミが付着します。
 
これと同様に体も、じっとしていても、動かしても、常に静電気が生じます。大抵の静電気は、自然放電していますが、人間には静電気が構造上溜まるところがあります。
 
それが「手」と「足」です。
 
手と足は、首が付くと、手首と足首になりますが、特に手首は、老人の4大骨折の一つ、手首の骨折(橈骨遠位端骨折)があります。
 
老人の方は、一般的に若い人と比べて動かなくなります。すると、体内の静電気も自然放電しづらくなり、溜まる一方です。
 
医学的には証明されていませんが、手首は自然放電がしづらいところでもあります。そこに静電気が溜まりにたまると、骨折という手段で静電気を解放します。当然痛みを生じますが、案外簡単に折れます。
 
それと、足首も同様に、自然放電がしづらいところでもあります。足には、アキレス腱がありますが、静電気が溜まると切れることがあります。
 
また、手足の指先も、静電気が出るところでもあり、良く詰まります。詰まると、指先が冷たくなる人がいます。
 
これからも、「手足」は、体内静電気が溜まりやすいところの一つであると言えます。
 

なぜ静電気を除去すると手足のシビレが良くなるのか?

院内「手足」に静電気が溜まると、「こり」、「痛み」、「冷え」、「かゆみ」が起きます。手足の指先が冷たい人がいます。手足が冷たいと、かゆくなることがあります。あるいは、痛くなることもあります。そして手足の指先が固くなることもあります。
 
微弱電流の流れを例えると、小川になります。それに対して静電気はゴミです。ゴミが多くなると、小川の流れも悪くなります。エネルギー的には、静電気は滞留です。つまり、流れずにその部分は滞っています。
 
そこに血管が通っていたのならば、血液の流れが悪くなります。血液の働きの重要な役割として「運搬」の役割があります。酸素、二酸化炭素のほかに、栄養素、ホルモン、免疫物質、さらには老廃物を体外に排出する役割を持っています。
 
それから、血液には、体内で作られた熱を体全体に広め、体温を調節する役割があります。
 
それと、怪我などで出血したとき、出血を止める役割と、異物除去(細菌などの病原体の除去)の働きなど、生体内防御の働きがあります。
 
それらの重要な働きが、静電気が溜まり、血液の流れが悪くなることでできなくなります。つまり、冷え、こり、痛み、かゆみの現象は、血液の流れが悪くなることで生じることなのです。
 
さて、長々話しましたが、これらの症状をなくするには、単純に静電気を除去すればいいだけの話です!
 
「冷え」「こり」「痛み」「かゆさ」の根本原因は静電気なので、それが隠れているところを見つけて除電すれば、悩みが解消するという訳です。
 
そうして手足のシビレも解消していけるのです。
 

「手足のシビレ」をほったらかしにするとどうなるの?

冷え、こり、痛み、かゆみの症状が続くと、変形性関節症、関節リウマチ、腱鞘炎などの病名が付き、重症化することになります。
 
したがって、「手足のシビレ」だけを良くしても意味がありません。その大本である脳から、脊髄神経のラインに沿って施術をし、微弱電流の流れをスムーズにさせなければいけないのです。そうしなければ、繰り返し「手足のシビレ」は起こるばかりです。
 
また、「手足のシビレ」の人にお聞きすると、肩こりや腰痛など、他のところも調子が悪いという方が殆どです。それは、体のあちらこちらに静電気が溜まり、微弱電流の流れが悪くなっているということです。なので、当院では部分整体ではなく、全身の整体を行っています。そして、結果的には皆様に喜んでいただいております。
 

通院回数の目安について

それでは、通院回数の目安がどれくらいかは、とっても気になるところだと思います。当院の場合、1回~3回で多くの方に、手足のシビレの緩和、疲れにくくなるなどの体の変化が表れます。
 
そして、「定着」するまでには、4~6回くらいを目途にして頂きたいと思います。
 
手足のシビレは手足だけ施術してもしょうがないことは、これまで説明してきたとおりです。何度か施術をすることで「定着」していきます。「定着」してきたならば、あとは月1回のメンテナンス整体でも大丈夫です。
 

手足のシビレに悩むあなたに院長からひとこと

メッセージ当院は、「手足のシビレ」に悩むあなたを100%の力で施術に当たっています。
 
当院では、体内静電気をコントロールすることで健康体になると考えています。
単純に体内静電気をコントロールすると言いましても、一人ひとりの生活環境は異なります。例えば、ある人は、日中紫外線を多く浴びながら作業し、手足がシビレている農家の方かもしれません。また別な人は、電磁波に囲まれたオフィスビルで、一日中パソコン作業をされて手足がシビレているかもしれません。
 
このように、一人ひとりの生活環境が違うと、当然のごとく、体内静電気の発生量も、発生原因もマチマチで、施術期間も異なってきます。ですからベルトコンベアー式に、次から次へと施術が出来ません。
 
だからこそ、お一人お一人を大切に、家族のごとく、時間をかけて丁寧に施術をしていきたいと考えています。
 
「手足のシビレ」があるということは、他の所にも静電気が溜まっているかもしれません。たまたま「手足のシビレ」が強調されているだけかもしれません。そうなると、「手足のシビレ」が良くなっても、他のところが不調を訴えるかもしれません。それでは、人生の楽しみも半減してしまいます。
 
不快な症状をなくするために、4~6回程の短期集中施術で回復させたいと考えています。1~2回の施術では、全身を施術することは出来ません。やはり、4~6回は必要になります。自然治癒力が回復すると、少しくらい静電気が溜まっても1か月間くらいは問題ないのです。その後は、定期的なメンテナンスを行えば、体内静電気のコントロールは大丈夫です。
 
あなたには、笑顔で周りの人を明るく元気にしていって欲しいと願っております。もしもあなたが、社長、看護師、主婦、学生、サラリーマン、保育士…などでしたならば、どんどん笑顔の輪が、家族や社会に広がります。不安、恐怖、心配な世の中を、一人ひとりの笑顔で改善していきましょう!一人ひとりが、何かを成し遂げることではなく、単に家庭や社会で笑顔になるだけでいいのです。
 
誰かが何かをやってくれるのではなくて、自分自身が健康体で、笑顔で生活しているだけで周りを幸せに出来るのです。そのためのサポートを当院では行っております。
 
だから思い切って当院で一緒に改善を目指していきませんか?
 

手足のシビレ体験談

長年のシビレがなくなって、身体が軽くなった!
脊椎狭窄症・腰の痛み・手の指先のシビレ
患者様の声年齢は80歳です。この歳になると、目もしよぼしょするし、手の指先は、常にしびれています。更に外出するときには、脊椎狭窄症なので、腰にコルセットをつけないと、動けません。
 
息子に勧められて来たのが、ここの院です。
 
「私の体は、もう歳なので治らないよ!」と、伝えたのですが、息子が「とにかく、体験しなければわからないから!」と、うるさく言うもんですから受けてみました。
 
頭の施術の時、院長から「だいぶ頭に静電気がたまっていますね。」と、言われました。私は何もわからないから、「静電気?」と聞きました。
 
すると院長は、「体には、静電気がたまることがあります。特に頭は、枕で擦れても静電気が起きることがあります。」と、話してくれました。更に、「歳をとると、体を動かさなくなります。
 
そうなると、静電気が体にたまってきます。頭に静電気がたまると、ぼーとなりやすくなります。」と、説明してくれました。
 
頭をやってもらうと、何だかしょぼしょぼしていた目が明くようになってきました。と同時に、頭にもやがかかっていましたが、晴れたような感じがしました。
 
びっくりしたのは、背中の左肩甲骨あたりを触られていたら、「ここに静電気がたまっていますね!」と言われたことです。私は心臓が悪く、心臓にステントが入っていますと、院長に伝えました。
 
腰は、脊椎狭窄症なので、痛みは完全には取れませんが、かなり楽になり、コルセツトなしでも動けるようになりました。
 
施術が終わってみると、体が軽くなっているのにびっくりしました。長年、手の指先がしびれがあったのですが、しびれがなくなっていました。
 
定期的に来ようかと思います。本当にありがとう。

※効果には個人差があります
 


連絡先