頭痛

朝起きると頭痛がしているというあなたへ
頭痛薬に頼らず副作用のない、体に優しい頭痛施術

 
札幌市清田区・北広島市のみなさま、こんにちは! 整体院、優整体センターです。
 

どのような方が対象なの?

頭痛で悩まされていたりしませんか?現代人には頭痛が増えてきています。昔は女性に多かったのですが、今は男性にも増えています。
 
例えば、頭痛に関するこんなことで悩んでいたりしませんか?
 

  • 朝起きると頭痛がしてつらい、頭が痛くて目が覚めるといった感じで、受験生なので何とかしたい
  • 首から後頭部にかけてこっているような感覚で、じわじわと重くだるい感じが毎日続く
  • 寝ている間は気にならないが、目の奥の疲れや吐き気がするので、頭痛薬ばかり飲む
  • 片頭痛持ちで、生理中に痛くなることが多い
  • パソコン操作を毎日長時間するため、病院からは緊張型頭痛と診断されて薬を処方されている
  • しかし頭痛が慢性化してきているようで嫌だ
  • 低気圧がくると、頭痛が起こるので薬は手放せない
  • 肩こりがひどいと、頭も痛くなってくる

 
などなどです。
 

当院の施術を受けたらどうなるの?

では、当院の施術を受けると…
 

  • 朝起きたらすがすがしくて、気持ちがいい
  • 頭痛はしなくなったので、薬も飲んでいない
  • 生理中でも片頭痛は起きない
  • パソコン操作をしても頭痛はしない
  • 低気圧が来ても頭痛はしない
  • 肩こりはないので、当然頭痛もない

 
このようになります。ワクワクしますね。
 

頭痛を解消する優整体センターの整体

当院では、あなたの頭痛を解消するために、次のような施術を行います。
 

1.耳からこめかみにかけて軽く触れて、静電気を確認します。
2.頭皮全体を施術し、表層の静電気を払いながら、深層の静電気を浮き出させます。そして耳たぶを払いながら静電気を逃していきます。
3.顔全体を施術し、静電気を逃がしていきます。目が疲れている方は、眉毛や目のくぼんだところに静電気がたまっています。そこを丁寧に施術し、排出させていきます。
   
鼻は静電気の排出場所なので、数回つまんで離すと、静電気は解放されます。エラから下アゴにかけても静電気がたまる場所なので、エラからアゴ先に向けて、指で数回なぞりますと、静電気は排出されます。
4.頭痛の場合、首や肩も同時に施術をします。
 
頭・顔・首・肩という広い箇所を施術していくことで、頭がすっきりされる方が多いです。

 
豊福もしあなたが一日に数回激しい頭痛を行うようなお悩みがあるのであれば、それは「群発頭痛」である可能性があり、整体では対処できないので、病院に行った方が良いしょう。
 
しかし、季節の変わり目や低気圧による頭痛、緊張型頭痛・片頭痛などで悩んでいるのであれば、整体で対処可能です。
 
この4ステップで、頭痛を根本的に対処していくのが、優整体センターの施術です。だいたい約40~50分ほどの施術になります。
 
他のエステや床屋のマッサージと変わらないのでは?
 
いいえ、リラックスさせる目的ではないのです。当院では、静電気を取り除くことを目的としております。他の治療院では、頭部の施術をしないところが殆どです。もしもあったとしても、静電気を取り除くかどうかで、結果が全く違うのです。
 
これまで、「マッサージを受けたけども頭痛が良くならなかった・すぐに戻ってしまった」という経験がある人は、非常に多いと思います。
 
それは、体内静電気を取り除かない、ただのマッサージだからです。それに対して当院では、体内静電気を取り除くために、施術をするのです。この違いわかりますか?

静電気を取り除かないと、頭痛に関して満足した結果が得られないのです。本当は、頭痛でお悩みなら、ぜひ一度当院の施術をお試し頂きたいのですが…もしかしたら、あなた様には合わないかもしれません。
 
当院は部分整体ではありません。全身整体を基本としています。しかも、たった1回だけで完全に静電気を取り除く自信がありません!
 
その訳は、下記に記載していますので、引き続きお読みください。
 

頭痛が起こる仕組み

人間に電流なんか流れているわけないだろう!
 
頭痛は、脳内に溜まった静電気が原因です。脳は、ただでさえ静電気が溜まりやすいところでもあります。
 
「先程から『静電気』とか『微弱電流』という言葉が出ているけれども、人間に電流なんか流れているわけないだろう!」と、疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。そのような方に質問します。
 
「脳波検査をするとき、何を測っているのですか?」
 
そう!電流です。脳はその活動にともなって常に微弱な電波を出し続けており、それは頭の表皮上におけるわずかな電位差(電流は電位の高いほうから低いほうへ流れる)となってあらわれます。その電気的な変動を頭部に付けた電極でとらえ、増幅し、波形として記録するのが脳波検査です。
 
つまり、人間は微弱電流で動いているのです。
 
話が横道にそれましたので元に戻します。
 
体内静電気が溜まりやすいところは?
 
「摩擦あるところは、必ず静電気は生じる」という法則により、脳神経のライン上には、微弱電療が流れています。なので、常に脳には静電気が生じています。
 
これは、テレビのコードをコンセントにさした状態と同じと考えてください。スイッチを入れなくても電場は発生し、スイッチを入れると電場も磁場も発生します。そして、ブラウン管には静電気が発生し、ゴミが付着します。
 
これと同様に脳も、寝ていても、起きていても、常に静電気が生じます。脳のやっかいなところは、脂肪とかグリセリンで構成されています。
 
これはつまり、脳自体が絶縁体になっているということ。なので、静電気が発生しても外には出づらいのです。つまり、脳自体が構造上溜まるところであることを意味します。
 
なので、静電気が脳に溜まると起きる解放現象が、頭痛なのです。
 

脳に静電気が発生する4つの原因

この原因は、大きくわけて4つあり、大変重要なので順番に説明をしていきます。
 
1. ただでさえ静電気がたまりやすい脳(生体内の摩擦の影響)

「ただでさえ静電気がたまりやすい脳(生体内の摩擦の影響)」の説明は、昭和大学医学部客員教授 堀泰典 医学博士 のオフィシャルサイトに詳しく書かれていますので、抜粋させて頂きます。
 
【体内静電気】は脳の中で一番発生しやすい  堀泰典 医学博士 オフィシャルサイトからの抜粋
http://www.dr-hori.com/media/mag/20101002_kn.php
 
「ここで考えなければならないのは、運動エネルギーが膨大になるほど【体内静電気】が多く発生する、ということです。
 
神様は、血管を無数に枝分かれさせることによって、運動エネルギーをできるだけ少なくし、静電気が発生しにくいように人体を設計したのかもしれません。しかしそれでも、四六時中とめどもなく流れる血液が血管とこすれることにより、静電気が大量に発生しているのはまちがいないことです。
 
【体内静電気】は、血液が速くたくさん流れるところ、または血液がドロドロになっているところにより多く発生します。
 
特に静電気が発生しやすいのは、たくさんの血液を必要とする『脳』の中です。脳の神経細胞の先端は尖っていて、まるで避雷針のように静電気が落ちやすい形になっています。周囲は脂肪やグリセリンなどの絶縁体で守られているので、脳の中では常に「落雷」が起きていることになるのです。
 
脳の中で落雷が起こればアルツハイマー、うつ病、パニック障害を引き起こす要因となります。ほかにも、皮膚の立毛筋ならアトピー性皮膚炎、すい臓なら糖尿病など、落雷の場所によって異なった生活習慣病や、体調不良が起こっていると考えられるのです。
 
最も怖いのが、朝方に発症しやすい心筋梗塞と脳梗塞です。寝汗で血液のミネラルバランスが崩れると赤血球同士の反発力が失われ、くっつき合います。
 
そこへ悪夢などによるストレスが加わると血管も収縮してしまいます。この両方が起こることによって、もともとあった狭窄部分が詰まりやすくなるので、朝方発作に襲われてしまうのです。
 
就寝前にはよいことだけを考え、少しでもミネラル、ビタミン、アミノ酸などを飲んで寝るように心がけたいものです。」
 
上記のような静電気を生体内の摩擦による静電気と呼びます。この静電気は、人間が生きて行く上で必ず発生する静電気でもあります。このタイプの静電気は、多くなると頭痛として解放されています。
 
 
2.ただでさえ静電気がたまりやすい脳(電磁波の影響)
 
堀泰典 医学博士がおっしゃるように、ただでさえ静電気がたまりやすい脳です。この脳は、固い頭蓋骨で守られ、脳は脂肪やグリセリンなどの絶縁体なので、静電気が抜けづらくなっています。通常のヘッドマッサージでも、ヘッドスパでも抜くことは難しいです。
 
そこに、電磁波が出る製品、例えば携帯電話、スマホは直接脳に電磁波の影響を受けます。その他、電気カミソリ器、ドライヤー、屋内配線、家電製品、パソコン、IH調理器、電子レンジなどの電磁波を浴びるとどうなるのか?
 
私は、頭部を触ると、電磁波の影響で、静電気が発生した場所、静電気の強弱、静電気が更に奥にあるのかどうかなどということを、手がセンサーなのでわかります。ですから、電磁波によりどれほど脳にダメージを与えているのかを実感しています。
 
電磁波の影響で脳に溜まった静電気は、電磁波の強さや量によってもダメージが違います。私の感覚では、電磁波が強く、浴びる量が多いほど、脳の奥深く、広範囲にまで影響していることがわかっております。
 
しかし、脳が絶縁体で囲まれているので、中々静電気を自然放電することが出来ず、運よく自然放電されるとしたのならば、頭痛として解放されるだけです。しかし、頭痛薬を飲んでいては、静電気の解放にはならず、ため込む一方で、頭痛を繰り返します。
 
また寝ている間中、脳に電磁波を浴び続けることは、大変危険です。一番多いのが、枕元に携帯電話やスマホを目覚まし時計として、充電器ごと置いて寝ているというケースです。
 
コンセントが枕元に1メートル以内にあるのも同様です。コンセントから生じる電磁波の影響を受けてしまいます。たとえ家電製品にコンセントがつながれていなくても、酸化のエネルギーを寝ている間中、浴び続けています。
 
これらは、知らないうちに物忘れが激しくなる原因にもなります。大変危険なのでやめてください。
 
上記のような静電気を電磁波の影響による静電気と呼びます。この電磁波の影響は、現代社会共通の問題でもあります。携帯やスマホがない家でも、屋内配線が原因で知らないうちに、くも膜下出血や認知症、脳梗塞などの病になる人もいますので注意が必要です。
 
 
3.ただでさえ静電気がたまりやすい脳(噛み合わせの影響)
 
「摩擦あるところには、必ず静電気は生じる」という静電気の法則があります。歯を噛みしめることで、摩擦が生じています。つまり、歯を噛みしめることで、静電気は生じています。
 
施術をしていて感じることは、スマホや携帯電話を使用していなくても、異常に静電気がたまる人がいます。その理由は、歯を噛みしめることです。
 
この噛みしめて発生するエネルギーは、電磁波と同様に強いものです。その影響は、こめかみから前頭部に広がると頭痛の原因になります。また、あごに集中すると顎関節症になります。そして、耳の方に広がると、めまいを起します。頬骨を伝わって鼻に行きつくと鼻炎になります。
 
このような静電気を噛み合わせの影響による静電気と呼びます。頭痛の他にも、鼻炎や顎関節症など、厄介な病の原因となりますので、歯の噛み合わせの相談を歯科医にすることが大切になります。
 
 
4.ただでさえ静電気がたまりやすい脳(紫外線の影響)
 
「紫外線は、基本的に電磁波と同じです。」と、以前に堀泰典 医学博士に伺ったことがあります。
 
夏のある日、頭部を施術した際に、いつもよりお客様の静電気量が多かったので質問をしたところ、「子供の運動会だった」「一日中、車に乗っていた」「仕事で一日中、外の現場にいた」などと、外にいる時間が長かった人ほど、静電気がいつもよりも頭部に多く感じました。
 
紫外線を浴びることで、静電気が体内で増える!ということを改めて実感しました。紫外線というと、日焼けのことだけを心配しますが、日焼けから皮膚がんになる可能性もあります。更に電磁波同様、あらゆる不調のもとである静電気とも密接な関係があります。
 
このような静電気を紫外線の影響による静電気と呼びます。紫外線の影響は、年々強くなってきておりますので、外出する際には、紫外線対策も必要です。
 
 
5.ただでさえ静電気がたまりやすい脳(まとめ)
 
これまで頭痛の原因を説明してきました。ここでおさらいをしますと、①生体内の摩擦、②電磁波の影響 ③歯の噛み合わせ影響 ④紫外線の影響などで、大量に静電気を発生しています。
 
私のお客様で、毎日頭痛薬を飲んでいますという方が、非常に多くいることにびっくりしています。テレビのコマーシャルでも、頭痛薬のコマーシャルがない日がないというくらい、頻繁に繰り返し宣伝しています。
 
その理由は、これらの原因を見れば納得がいくと思います。自然放電するよりも、頭部に静電気を発生させる量の方が圧倒的に多いのです。これまで頭痛は、痛みとして静電気を発散させていました。
 
しかし、近年ではこの痛みを安易に頭痛薬で抑え込んでいます。それでは、痛みがなくなっても静電気が脳にたまる一方です。痛み止めを飲むたびに、繰り返し症状も起きます。
 
とはいえ、頭が痛い時には、我慢せずに薬を飲んでください。その代り、上記の静電気の発生原因を見て対策を講じることが重要です。毎日、頭痛薬を飲み続けることの方が異常なのですから…。
 

なぜ静電気を除去すると頭痛が良くなるのか?

頭痛一般的に静電気が溜まると、冷え、こり、痛み、かゆみの現象が起きます。
 
「頭・脳」に静電気が溜まると、その中の「こり」と「痛み」、「かゆみ」が主に起こります。ただし、「冷え」はないのかと言いますと、厳密には同時に起こっています。頭部の「こり」は、頭皮の硬さでわかります。「痛み」は当然、頭痛です。「かゆみ」は、フケや抜け毛などにあらわれます。「冷え」は、頭部を触っているとわかります。
 
微弱電流の流れを例えると、小川になります。それに対して静電気はゴミです。ゴミが多くなると、小川の流れも悪くなります。エネルギー的には、静電気は滞留です。つまり、流れずにその部分は滞っています。「頭・脳」に静電気が滞留しているのです。
 
そこに血管が通っていたのならば、血液の流れが悪くなります。血液の働きの重要な役割として「運搬」の役割があります。酸素、二酸化炭素のほかに、栄養素、ホルモン、免疫物質、さらには老廃物を体外に排出する役割を持っています。
 
それから、血液には、体内で作られた熱を体全体に広め、体温を調節する役割があります。
 
それと、怪我などで出血したとき、出血を止める役割と、異物除去(細菌などの病原体の除去)の働きなど、生体内防御の働きがあります。
それらの重要な働きが、静電気が溜まり、血液の流れが悪くなることでできなくなります。つまり、冷え、こり、痛み、かゆみの現象は、血液の流れが悪くなることで生じることなのです。
 
さて、長々話しましたが、これらの症状をなくするには、単純に静電気を除去すればいいだけの話です!
 
「冷え」「こり」「痛み」「かゆさ」の根本原因は静電気なので、体全体の静電気の量を相対的に減らしながら施術していきます。そして、「頭痛」の原因である静電気が隠れているところを見つけて除電すれば、悩みが解消するという訳です。
 
しかし脳は、固い頭蓋骨で守られていますので、静電気の除去も難しいです。少しずつ除電していかないといけません。
 

「頭痛」をほったらかしにするとどうなるの?

冷え、こり、痛み、かゆみの症状が続くと、認知症、アルツハイマー病、くも膜下出血、脳梗塞、鼻炎、顎関節症などの病名が付き、重症化することになります。
 
したがって、「頭痛」だけを良くしても意味がありません。何故、頭部に静電気が発生したのか、その理由を探り、対策を講じた上で除電をしなければ、繰り返し「頭痛」は起こるばかりです
 
また、「頭痛」の人にお聞きすると、腰やひざなど、他のところも調子が悪いという方が殆どです。それは、体のあちらこちらに静電気が溜まり、微弱電流の流れが悪くなっているということです。なので、当院では部分整体ではなく、全身の整体を行っています。そして、結果的には皆様に喜んでいただいております。
 

通院回数の目安について

それでは、通院回数の目安がどれくらいかは、とっても気になるところだと思います。当院の場合、1回~3回で多くの方に、頭痛の回数の軽減、頭痛薬を飲む頻度の減少、疲れにくくなるなどの体の変化が表れます。
 
そして、「定着」するまでには、4~6回くらいを目途にして頂きたいと思います。
実は、頭痛の発生原因は様々あるので、その原因を突き止め、その対策を講じた上で、何度か施術をすることで「定着」していきます。
 

頭痛に悩むあなたに院長からひとこと

メッセージ当院は、当院は、「頭痛」に悩むあなたを100%の力で施術に当たっています。
 
当院では、体内静電気をコントロールすることで健康体になると考えています。
 
単純に体内静電気をコントロールすると言いましても、一人ひとりの生活環境は異なります。例えば、ある人は、帽子もかぶらずに日中紫外線を多く浴びながら働く農家の方かもしれません。
 
また別な人は、電磁波に囲まれたオフィスビルで、一日中パソコン作業をして頭痛で困っているかもしれません。更にある人は、病院で3交代制で働く医療従事者で、常に頭痛薬を飲んでいるかもしれません。
 
このように、一人ひとりの生活環境が違うと、当然のごとく、体内静電気の発生量も、発生原因もマチマチで、治療期間も異なってきます。ですからベルトコンベアー式に、次から次へと施術が出来ません。
 
だからこそ、お一人お一人を大切に、家族のごとく、時間をかけて丁寧に施術をしていきたいと考えています。
 
「頭痛」が常に起こると、頭痛薬に頼り、どこに行くにしても頭痛薬を持ち歩かないと心配で仕方ありません。それと、「頭痛」があるということは、他の所にも静電気が溜まっているかもしれません。たまたま「頭痛」が強調されているだけかもしれません。
 
そうなると、「頭痛」が良くなっても、他のところが不調を訴えるかもしれません。それでは、人生の楽しみも半減してしまいます。
 
不快な症状をなくするために、4~6回程の短期集中施術で回復させたいと考えています。1~2回の施術では、全身を施術することは出来ません。やはり、4~6回は必要になります。
 
自然治癒力が回復すると、少しくらい静電気が溜まっても1か月間くらいは問題ないのです。その後は、定期的なメンテナンスを行えば、体内静電気のコントロールは大丈夫です。
 
あなたには、笑顔で周りの人を明るく元気にしていって欲しいと願っております。もしもあなたが、社長、看護師、主婦、学生、サラリーマン、保育士ならば、どんどん笑顔の輪が、家族や社会に広がります。
 
不安、恐怖、心配な世の中を、一人ひとりの笑顔で改善していきましょう!一人ひとりが、何かを成し遂げることではなく、単に家庭や社会で笑顔になるだけでいいのです。
 
誰かが何かをやってくれるのではなくて、自分自身が健康体で、笑顔で生活しているだけで周りを幸せに出来るのです。そのためのサポートを当院では行っております。
 
だから思い切って当院で一緒に改善を目指していきませんか?
 

 

頭痛の体験談

一度の施術で、痛みが殆ど無くなってしまった!
慢性的な肩こり・首のコリ・頭痛
患者様の声3年前の交通事故をきっかけに、慢性的な肩こり、首の痛みに悩んでいました。毎年冬になると、こりからの頭痛も出てきて辛い状態でした。
 
事故の時に半年以上、病院のリハビリに通っていてもあまり改善しなかったので、よくなることを半ば諦めていました。
 
そんな時、子供と遊んでいて、さらに首を痛めてしまい、上下左右どこを向いても、首から背中にかけて激痛が走り、一人では横になることもままならず、日常生活にも支障が出るほどでした。
 
少しでも痛みを和らげなければと思い、ネットで整骨院を検索していると、こちらのホームページが目に止まりました。
 
電気を発散させるという今まで聞いたこともない施術方法でしたが、よくある身体に電気を流すやり方は経験上、自分には効果が感じられなかったため、少し不安もありましたが、すぐに電話で予約をさせていただきました。
 
最初の問診では、痛みの場所や様子、経緯をしっかりと聞いてくださる先生の優しい人柄に初対面でも安心して施術を受けることができました
 
上半身を中心に、さするような施術で、「これで本当に良くなるのかなぁ?」と、思っていましたが、寝た状態から一度起きて、再び横になる時に、「あれ?痛くない…」と、すぐに効果が実感できました。一度の施術で、痛みが殆ど無くなってしまったのです。
 
その後、5回施術を受けましたが、もみ返しのような症状は一切なく、気づけば辛かった頭痛も滅多に起こらなくなっていました
 
こりが柔らかくなった分、施術の度に身体の奥深くにたまっていた静電気も取り除いてもらえるようになり、本当に自分の身体が軽くなっていくのがよくわかります
 
さらに、痛みやこりだけでなく、幼少期からのアトピーの肌の状態まで少しずつ改善してきています!!まさかアトピーにも電気が関係しているとは思ってもいなかったので、これにはとってもビックリしました。
 
完全予約制のため、他の患者さんに迷惑をかけることなく、子供も一緒に連れて行けるので、とっても助かっています。
 
どこまで身体が良くなっていくのかを楽しみに、これからも通い続けたいと思っています。

※効果には個人差があります
 

肩の奥にある重い痛みがなくなりました!
ひどい肩こり・頭痛
患者様の声若いころから肩こりがひどくて、最近は肩の奥の方に重い痛みを感じたり、頭が痛くなったりするなどで、生活・仕事に支障が出ていました。
 
そんなときに紹介してもらったのがこちらの整体院です。それまでいくつか整体を受けたことはあったのですが、あまり効果を感じられなかったので、正直こちらに来るときも半信半疑でした。
 
施術は今まで受けてきた整体とはちがって、揉んだりボキボキしたりはせず、非常に気持ちいいものでした。気が付いたらウトウトしていて、眠ってしまったほどです。
 
しかし終わってみると、肩が軽い!痛みがかなりなくなっていることに気付きました。
 
院長さんが「肩どうですか?」と聞くので、「かなりにラクになりました。でももう少し残っている感じです」と伝えると、また背施術が始まりました。5分ほどで肩の施術が終わると、残っていた痛みがない! 今までは何回通っても、何かが残っている感じだったのですが、1回でここまで痛みがなくなるとは思わなかたです。
 
ここまで結果を出してくれるとは思いませんでした。すごいですね!

※効果には個人差があります
 

頭痛が治まり、月に何回か頭痛薬を服用していたのがなくなりました
頭痛・ストレス・イライラ・だるさ
患者様の声ここ数か月間、体調が思わしくなく、ストレスで些細なことでもイライラし、瞼は常に重だるい感じで、時には頭痛や物忘れが起こるようになりました。
 
インターネットで検索していたところ、優整体センターを見つけ、施術方法にも興味があり予約させていただきました。
 
問診は、痛みの場所や様子、経緯をしっかりと聞いてくださり、先生の優しい人柄に初対面でも安心しました。
 
施術は、まず頭部をシャンプーするような感じでマッサージをされました。院長が私の頭を触るなり、「これはすごい静電気だね!携帯電話で長時間、友人と会話したり、寝室の枕元のそばに、携帯の充電器や携帯を目覚まし代わりに置いていませんか?」と、聞かれました。
 
その質問に対して私は、「数年前から携帯電話を目覚まし代わりに、枕の下に置いて寝ています。」と答えました。
 
実は、そのことが原因で、記憶力低下、瞼の重み(視界がぼやける)、頭痛等、 身体に不調をきたしていたということが理解できました。院長は、静電気と体調のことを丁寧に分かりやすく説明してくれました。その説明がなければ、もしかしたら30代で若年性痴ほう症になっていたかもしれません。
 
施術後は、身体が軽くなっていました。院長のアドバイス通り 携帯を枕の下に置くのをやめ、離れた場所に置くようにしたところ、施術を受け始めて数回ですが、瞼の重みがなくなり、記憶力の低下は少しずつですが、回復に向かっています
 
そして頭痛が治まり、月に何回か頭痛薬を服用していたのがなくなりました!あと不思議ですが、頭皮が固かったのが、今では柔らかくなりました。これからもお世話になります、よろしくお願い致します。

※効果には個人差があります
 


連絡先