バッチフラワー

バッチフラワー
 
バッチフラワーをご存じですか?イギリスで開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法のことです。
 
60ヶ国以上の国々で医師や看護士によって利用されています。また英国では薬局を中心に5,000以上 のお店で取り扱われています。
 
こんな方に、バッチフラワーが有効である可能性があります。
 

  • ちょっと心が疲れてしまった
  • やるせない気持ちになってしまった
  • 緊張して思うように実力が発揮できない
  • 夜も眠れないほど悩んでしまった

 
などなど。心を落ち着けたい方は、一度お試しください。
 

バッチフラワーの使い方

バッチフラワーバッチフラワーによる施術、バッチフラワーでは花や植物から作った母液を利用します。
 
自分の心や感情の状態に当てはまるものを1~7種類まで選び、必要量を飲むことで内面に調和がもたらされることが期待できます。
 
全く副作用や害がなく、習慣性や依存性がないので、安心してお使いいただけると思います。
 

バッチフラワーを利用している方の体験談

バッチフラワーを試したことのある方の中には、こんな体験談があります。
 

  • あまり悩みに囚われなくなった
  • 物事を気にしなくなった
  • 他のものに目を向けられるようになった
  • 今までとは違う見方ができるようになった
  • 広く物事を考えられるようになった

 
などなど色々です。
 
一つのことに囚われて悩んでしまうような人には、非常に良い効果を期待できると思います。
 

ただし、まだ医学的に解明はされていません。

バッチフラワーこのバッチフラワーですが、実はまだ医学的に解明されていません。
 
だから敬遠したり、怪しく思われる方もいらっしゃると思います。
 
その気持ちはわかります。しかし一方では約80年間ほど活用されている事実もあります。お医者さんの中には、医療の中に取り入れている方もあります。
 
そういった現状を踏まえて、試してみても良いかな?という方は、お気軽にお問合せいただければと思います。こちらから無理に利用を促進することはありません。
 

体験者の声

50歳代 美容セラピスト
患者様の声院長とは、数十年のお付合いです。私は、東京と石川県で
美容セラピストをさせていただいています。
 
私のクライアントで家庭の悩みを持った方がいました。彼女には、フェイシャルセラピーをさせていただいていますが、結婚後、病院通いが絶えないそうです。
 
いらっしゃる度に、話し出すと止まりません。押さえつけられた感情があるのはわかりますが、どのようにアドバイスすれば良いのかわからない時に、院長のことを知りました。
 
院長は、当時、バッチフラワー療法をされていて、本も書いていました。
 
その本では、主に入院されているがん患者さんにバッチフラワー療法をされていました。抗がん剤でカウンセリングが出来ない時に、患者さんの写真を用いて器械で、ふさわしいバッチフラワー(ネガティブな感情)を選びます。
 
その後、あらかじめ事前に選ばれたバッチフラワー(ネガティブな感情)の結果を患者さんに見せることで、患者さんの辛かった事柄や内面を直視させ、自らを許してあげるとう手法を使っていました。そして、多くの患者さんに希望を与えていました。
 
私は、東京や石川県にいましたので、院長がいる札幌とは離れています。しかし、クライアントの写真があれば、クラアイントの悩みを相談することも出来ると思い、院長に連絡しました。
 
あれから何十症例頼んだか忘れましたが、多くのクライアントから感謝されています。
 
ちなみに、院長のバッチフラワーの測定の後に、クライアントの情報を伝えています。びっくりすることに、クライント自身も忘れていたことも指摘されて、クライアントと一緒に驚いたこともあります。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

連絡先